英語教師に必要な語彙力レベルとは?

英語教師に必要な語彙力レベルとは?

高校生までを対象にした授業を行う場合、英語教師に必要とされる語彙力のレベルはせいぜい「超難関大学」で出題される語彙レベルです。そして、多くの英語教師の語彙レベルもこの範囲に収まっています。

 

しかしながら、この程度の語彙レベルでは英語教師としては、不十分であると認識しなければなりません。

 

なぜなら、大学に合格することが英語学習のゴールではなくて、その先にある英語が実際に使われている世界で通用することが、英語学習者が目指すゴールだからです。

 

そのことを生徒たちに伝えるためには、英語教師自身がそのレベルに到達していないと、言葉に信ぴょう性がなくなります。また、そのレベルへのゴールを知っている者にしか、その途中の効果的な手順を示すことが出来ないはずです。

 

大学入試で収まる程度の英語しか教えられないのか、その上の世界へ導ける手順を示せるかどうか、は大きな違いです。

 

受験レベルの語彙では、まともな書籍や雑誌は読めないことを知る

 

そもそも受験で扱われる単語は非常に重要度の高いものですが、大人向けの書籍、雑誌、ネット上のニュース記事などを読むには、まったくと言っていいほど不足しています。

 

おそらく英語教師になった人なら英字新聞やTIMEなどの雑誌を読んでみようと購入したものの、あまりの知らない単語の多さに歯が立たず、途中で放り出した経験はあるはずです。

 

「TIMEで使用されている単語はネイティブでも分からない。」

 

というのは、完全に都市伝説です。一般の読者が読めない難解な記事を販売するはずがありません。

 

受験レベルで覚える語彙レベルは、せいぜい5千語程度でしょう。これは、ネイティブの小学生低学年レベル程度です。

 

小学校高学年になると10,000語レベル程度と言われていますから、TIMEなどを読みこなすには最低でも1万語~1万2千語程度は必要となります。(ちなみに教養のある成人になると、3万語を超えるそうです。)とりあえず、1万2千語あたりを目標に設定しましょう

 

 ボキャブラリーが大切なのは分かったが、どうすればいいのか?

 

語学において、「文法の徹底的な理解」と「語彙力の向上」は、すべての技能(リーディング・ライティング・スピーキング・リスニング)の基礎となるものです。

 

ところが大事であることは分かっていても、なかなか向上しないのも事実です。受験レベルの5千には、中学校で扱うような基本語も多く含まれています。しかしながら、受験レベルに上積みすべき5千~7千語については、簡単な単語はありません。

 

まともな語彙力をつけるには、相当の覚悟と努力が必要であることは間違いありません。

 

ボキャブラリー増強にあたっての注意点

 

誰が何を根拠に言い出したのか不明なのですが、英語学習者なら、下記のようなことを耳にしたことがあると思います。

 

  • 「語源を利用して覚えなさい」
  • 「多読をすれば、ボキャブラリーが増える」
  • 「英英辞書を使用して、英和や和英は使うな」
  • 「ダジャレで覚えなさい」
  • 「電子辞書ではなく、紙の辞書を使いなさい」

 

一つずつ検証してみましょう。

 

「語源や接頭辞・接尾辞を利用して覚えなさい」

 

ある程度の数の単語に触れていると自然と接頭辞や接尾辞に一定の意味があることに気づくことは事実です。5千語レベルまでの学習者に、いくつかのルールがあることを指摘するのは有効だと思います。

 

それ以上のレベルで難しくなるのは、実は短い単語の方が覚えにくい、ということが理由のひとつです。

 

たとえば brash(生意気な)という形容詞を覚える時には、これらの手は有効ではありません。正直、努力で覚えるしかありません。

 

「多読をすれば、ボキャブラリーが増える」

 

あるレベルに到達している場合は有効ですが、そうでないとしたら危険な発想です。

 

あるレベルとは、文法を正確に理解したうえで(精読が出来る)、すでに1万語以上の語彙力があり、かつ大量に読める(多読出来る)人に限られます。

 

文法を正確に理解して品詞分解などが出来ないと、そもそもその知らない単語の品詞や役割が分からないので、辞書を調べても効率が悪くなります。

 

次に、前後の文脈から類推するには、そもそも知らない単語の数が少なくなくてはなりません。知らない単語だらけだったら、類推など出来るわけがないのです。

 

また、丁寧に辞書で調べるにしても数が多すぎると時間がかかり、そもそも多読ができません。

 

正確に多読が出来る状態になって、初めて有効な方法ですから、中級者レベルの学習者が取るべき勉強法ではありません。

 

「英英辞書を使用して、英和や和英は使うな」

 

英英辞書を支持する理由としては、似た意味の単語のニュアンスの違いを英和辞書は説明できていないから、というものです。

 

今から30年以上前の英和辞書は洗練されていなかったので、このようなことが言われていたと思いますが、ご存知の通り、現在入手できる定評のある学習者向けの英和辞書はどれも詳しい解説がついており、大変充実しております。

 

わざわざ英英辞書を使わなければならない理由が、見当たりません。

 

専門用語などは、英英辞書にこだわると意味が把握できなくて混乱することもあります。

 

たとえば英英辞書では、
emulsifier: subustance that is added to food to make the different substances combine to form a smooth mixture

 

と定義されていますが、何の事だかすぐに分かる人は少ないと思います。

 

英和辞書で調べると「乳化剤」と書いてあり(化学が苦手だとそれでも何だかわかりませんが)、ひとまず分かった気にはなりますし、覚えやすいです。

 

変なこだわりは捨てたほうが、効率がいいです。

 

「ダジャレで覚えなさい」

 

試しにbrusque(ぶっきらぼうな)という単語を新たに覚えるとして、ダジャレを考えてください。

 

すぐに思いつくのは困難ですし、発音も多少変更しないと当てはまらないし、そもそもダジャレのストーリーを思い出すことが困難です。

 

ごく稀にハマるものがあれば、否定はしませんが、強力なボキャブラリー向上の切り札にはなり得ません。

 

「電子辞書ではなく、紙の辞書を使いなさい」

 

使いやすい方を使ったらいいと思いますが、少なくとも紙の辞書の方が優れている、というのは見当違いな意見だと思います。

 

意味を調べたり語法を調べたりする場面では、見やすさという点で紙の辞書の方がやや優れていますが、それでも携帯性や履歴機能を活用した単語暗記術などは電子辞書ならではの利点です。

 

スマートホンにインストールする有料アプリとして提供されているものの中でも、学習用の辞書として十分に活用できるものもあります。

 

ボキャビルに取り組む前の心構えとして

 

さて、単語の暗記に関して、このような言説が絶えないのには、ボキャブラリーを増やす作業は大変な努力を必要とするからです。生徒が受験レベルの単語を身につけるのに苦労している以上に、ノンネイティブの教員が1万語を超えるレベルまでボキャブラリーを引き上げるのは大変なことです。

 

ボキャブラリーの増強に関して、必読の本があります。

 

『中上級者がぶつかる壁を破る 英語学習最強プログラム』(土屋雅稔 著)

 

あまりにストレートな内容なのと中級者以上を対象としているため、ネット上のレビューは賛否両論分かれていますが、私には共感できるところが多々ありました。

 

著者の土屋先生にお願いし、別途、ボキャブラリー増強に関しての記事を書いていただきました。(無料で読めるなんて、ラッキーですよ!)

 

結論として単語を楽に覚える方法はありません。でも、そのことを覚悟して、それでも未体験のレベルに到達してみたい、という強い願望があるのなら、是非、挑戦してみてください。きっとそういうレベルの人にしか分からない世界が広がっているはずです。

 

 

 

 

関連ページ

英単語の覚え方の基本手順(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く技術1(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く技術2(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く技術3(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く心がけ1(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く心がけ2(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く心がけ3(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英単語暗記etc.1(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英単語暗記etc.2(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
多義語との向き合い方1
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
多義語との向き合い方2
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。