多義語との向き合い方1

多義語との向き合い方1

生徒から「多義語がなかなか覚えられません」と相談を受けることがあります。

 

一つの単語であるにも関わらず多くの意味を持つ多義語は、暗記するとなればとても苦痛を伴うものです。

 

単語帳を広げてみても、いかにも「暗記しなさい」と言わんばかりに日本語訳が羅列されているだけのような教材も多く、たとえフレーズやセンテンスが伴っていたとしても、なかなか芯から頭の中には入ってこないこともよくあります。

 

では、どうすれば多義語をしっかりと理解しながら頭の中に残していくことができるのでしょうか?

 

 

意味の中心にある「核」から連想的に覚えさせる

 

多義語が抱える数ある意味の中から、とりあえず自分が覚えやすそうな一つを覚えさせることが、まずは現実的なやり方であると言えます。

 

いきなり全てを覚えるのではなく、負担を抑えながら学習していった方が、いつまでも同じ単語に悩みながら時間をかけるよりも効率的でストレスも少なく済むからです。

 

でもこのやり方では、残された他の意味が覚えられないではないか、と思われるかもしれません。

 

ところが、多義語の抱える様々な意味というのは、根っこの部分では共通した意味を持っていることが多くありますから、この特徴を利用して、とりあえず一つ意味を覚えさせた後に、根っこの意味を用いて連想ゲームのように学ばせてあげると効果的に覚えさせていくことができます。

 

 

たとえば、詳しくは次項で述べますが、barという単語をとりあえず「障害」と覚えさせたとします。

 

そこで、barの根っこに「横たわる棒」の意味があることを学ばせます。

 

自分の目の前に棒が横たわっていれば邪魔ですから、そこから「障害」の意味になっていることをイメージさせ、では「障害」以外に「酒場」の意味があることを連想させてみます。

 

「横たわる棒」と「酒場」はどうやって結びついているでしょう?

 

酒場にあるカウンターは一般的に大きな木を切り倒したもの、つまりこれもまた「横たわる棒」であるところからbarは「酒場」の意味になっているということです。

 

これが、根っこの意味からの連想による多義語学習です。

 

 

このように、私は多義語を学習させる際には、とりあえず一つの意味を覚えさせてから、根っこにある中心的意味を与え、「なぜそんな意味があるのか」ということを連想して理解していくことをお勧めしています。

 

根っこにある中心的意味を「核」(または「コア」)と言いますが、その「核」を知ることで、どうしてその単語が様々な意味を持つようになったのかという理由が理解できるわけです

 

 

なお、これは印象記憶と呼ばれる記憶の定着メカニズムを利用したものです。

 

印象記憶とはその名の通り、「印象に残るものは覚えやすい」というものです。

 

たとえば、誰でも小さな頃に経験した楽しかった思い出や苦い思い出などをそれなりに覚えているものです。

 

かけっこで一等賞を取ったとか先生にこっぴどく叱られたとか、別にわざわざ覚えておこうとしなくても、どういうわけか勝手に覚えてしまっていることの一つや二つはあると思います。

 

つまり、自分にとって何らかの理由によって印象付けられた出来事は忘れにくい、ということで、これが印象記憶です。

 

多義語の「核」を用いた連想ゲーム的な学習経験が印象的なものとなるように教えてやるわけです。

 

 

次項「多義語との向かい方2」(こちらをクリック)では、いくつかの多義語について具体的に「核」と意味を見つめていきます。

関連ページ

英語教師に必要な語彙力レベルとは?
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英単語の覚え方の基本手順(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く技術1(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く技術2(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く技術3(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く心がけ1(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く心がけ2(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く心がけ3(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英単語暗記etc.1(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英単語暗記etc.2(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
多義語との向き合い方2
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。