英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く技術3(土屋 雅稔 著)

英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く技術編3(土屋 雅稔 著)

英単語は聞かないと覚えられない?

 

「自分は耳で発音を確認しないと覚えられない」と思い込んでいる人も多いようです。

 

そして、電子辞書で発音機能を使って確認したり、CD付の単語集を購入してCDを頻繁に聞いたりしている人がいます。

 

耳で発音を確認するのは、とても良いことです。良い習慣ですので、ぜひ続けて欲しいと思います。

 

ただ、「自分は耳で発音を確認しないと覚えられない」というのは、たんなる思い込みの可能性が高いので、できれば捨てると良いでしょう。

 

まず、「耳で発音を確認しても」というところで、「耳で発音を確認したことになっていない」ことが多いのです。というのも、英語には、日本人には聞き分けが難しい音のペアが多く存在するからです。

 

有名なのは、l と r ですね。もし確実に区別して聞くことができるのであれば、light と right や、low と row や、correct と collect など、発音を確認しておくと良いでしょう。

 

でも、もしl と r を区別できていないのであれば、l も r も日本語のラ行で代用して聞いていることになります。light も right も「ライト」として同音語として扱っていることになります。これでは、耳で発音を確認したことになっていませんね。

 

他にも、聞き分けが難しい音のペアは多くあります。

 

best と vest
them と then
think と sink

 

hat と hot と hut
boat と bought
hard と heard

 

このような似た音を区別できるのであれば、発音を耳から確認しておくことは有効ですが、もし区別できないのであれば、CDや電子辞書で発音を耳から確認したつもりでも、つもりになっているだけで、確認したことになっていません。

 

もちろん、区別できるようになろうと意識して、上記の発音を耳を澄まして聞き取ろうとするのであれば、それは非常に有益なリスニングのトレーニングになりますので、トライする価値は高いです。

 

注意したいのは、上記のような似た音の区別が出来ていないにも関わらず、音声を聞くことによって「耳から発音を確認している」つもりになっているかもしれない点です。

 

その場合は、音を耳から確認しないと覚えられない、というのは思い込みにすぎません。

 

---

 

「ネイティブの赤ちゃんと同じように、単語は耳から覚えるべきだ」と思い込んでいる人は多いようです。

 

「ネイティブの赤ちゃんと同じように、単語は耳から覚えるべきだ」と言われても、私たちはネイティブの赤ちゃんではありませんし、ネイティブの赤ちゃんと同じ環境にもいませんから、あまり参考にならない話のはずです。

 

こういったからといって、単語の発音を耳で確認する重要性や有効性を否定しているのではありません。英語の発音は、日本語とは異なりますから、耳から確認しようとすることは、とても重要ですし、有効です。

 

ただ、発音を耳で確認しようとする姿勢と、ネイティブの赤ちゃんとは無関係ということです。

 

また、「単語は耳から覚えるべきだ」というように、「~べき」という理想論になってしまうと、要注意です。

 

中学一年生レベルの単語であれば、発信用としても使うでしょうから、自分で発音できることは大切ですし、発音を耳で確認しようとすることは有益です。

 

しかし覚える単語のレベルが上がるにつれて、発信用としてよりも受信用としての割合が高くなります。自分がスピーキングのときに発信用として無理して使う必要はありませんし、受信用としてもリスニングよりリーディングで出会う可能性のほうが高いでしょうから、必ずしも発音を耳で確認しようとする必要はないわけです。

 

理想論ではなく、現実的に考えていくことが、単語暗記を実りのあるものにするのに大事です。

 

 

「多読すれば自然に増える」ってホント?

 

単語を増やすコツとして、多読がすすめられることが多いです。

 

多読は、とても有効な学習法です。とくに、単語集などで単語の意味を覚えたあと、多読をすれば、覚えた単語が定着していきます。

 

「あ、これは単語集で覚えた単語だな。こんなふうにして使うのか。ふむふむ。」というような経験を通して、単語が身近に感じられるようになります。

 

多読をすすめる意見の中には、「単語を意図的に覚えようとしなくても、多読をしていれば自然に単語は身に付く」という意見もあるようです。

 

単語を覚えるのが苦手な人にとっては、ありがたく聞こえるかもしれない考え方ですね。

 

ただ、常識的に考えれば、「多読をしていれば単語が自然に増えていく」ということは、ありえそうにないことですね。知らない単語が出てきても、辞書で調べないのであれば、知らない単語のままです。語彙は増えていきません。

 

「多読で自然に覚えられる」という意見は、「英語のネイティブはそんなふうにして単語を覚えてきたわけではない。赤ちゃんのときから、英語に接するなかで、自然に覚えてきたはずだ。私たちも、同じようにするべきだ」という意見のことが多いようです。

 

この「ネイティブの赤ちゃんのように」というキャッチコピーにコロリとやられてしまう人が多いようです

 

しかし、ネイティブの赤ちゃんは、一日中英語にふれている生活を何年間も送って、英語を身に付けているわけです。私たちに、そのような時間の余裕はありません。

 

それに、私たちは赤ちゃんに戻れないのですから、そもそも当てはまらない話なのです。

 

「ネイティブの赤ちゃんのように」のようなキャッチコピーは、要注意ですね。

 

結論として、多読はとても有効な学習法ですから、ぜひ、取り入れてください。ただし、多読で自然に語彙が増えていく、ということは期待しないほうが無難です。

 

 

文脈で覚える?

 

「単語は文脈で覚えないといけない」という意見をよく耳にします。

 

本当でしょうか?

 

たとえば、

 

hydrogen 水素
oxygen 酸素
carbon dioxide 二酸化炭素

 

を覚えるにあたって、文脈が必要なのでしょうか?

 

文脈に関係なく、水素は水素ですし、酸素は酸素ですし、二酸化炭素は二酸化炭素です。文脈なしに機械的に覚えてしまって、問題ありません。

 

---

 

文脈で覚えなくてはいけないという意見の中には、「単語集で覚えた単語が、実際の文中では別の意味で使われていて、理解できないことがあった。だから、文脈の中で覚えなくてはいけない。」というような主張のことが多いようです。

 

しかし、これは、文脈の中で単語を覚えなくてはいけないという根拠にはなりません。というのも、ある単語の意味を、ある文脈の中で覚えたとして、今度は、その単語が別の文脈で使われているのに出会ったら、やはり理解できないからです。

 

ある単語に複数の意味があるときに、一つの意味を覚えているだけでは、それとは違う意味で使われている文に出会ったときに理解できないことがある、という当たり前の話にすぎないのです。

 

対策は、理想としては、複数の異なる意味をもつ単語は、複数の異なる意味を覚える、ことになります。

 

現実には、ほとんどの英単語に複数の意味がありますから、すべてを覚えきることはできません。現実的な対策としては、まずは中心となる単語の意味を覚えるしかありません。そして、余裕が出てきたら、中心的な意味にくわえて、二次的な意味も追加して覚えていく、というのが合理的なアプローチです。

 

--

 

文脈で覚えないといけない、というのは、

 

「単語集や辞書で覚えただけで「覚えた!」と安心しきらないで、実際の英文で何回も出会った後でないと、なかなか記憶に定着しないよ」とか、

 

「一つの単語の意味を覚えただけで安心しきらないほうがいいよ」

 

という、多読のアドバイスと同じようなものとして理解しておくのが良いでしょう。

 

覚えるときは、文脈など必要としないで、どんどん覚えていって大丈夫です。

関連ページ

英語教師に必要な語彙力レベルとは?
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英単語の覚え方の基本手順(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く技術1(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く技術2(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く心がけ1(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く心がけ2(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く心がけ3(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英単語暗記etc.1(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英単語暗記etc.2(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
多義語との向き合い方1
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
多義語との向き合い方2
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。