英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く技術2(土屋 雅稔 著)

英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く技術編2(土屋 雅稔 著)

語源を活用すれば、いくらでも覚えられる?

 

単語集には、「語源で覚えるタイプ」のものがあります。たとえば、uninteresting という単語を覚えるにあたって、「面白い」という意味の interesting に、反対を意味するunがついているから、「面白くない」という意味になる、といった解説がついているものです。

 

あるいは、bi が二を意味する、という説明のあとで、

 

bicycle 二輪車
bilateral 二者間の
bilingual 二言語使用の
binocular 双眼鏡

 

のように単語が配列されているものもあります。

 

このような解説は、面白くて印象に残りやすいですね。

 

このタイプの単語集は、新しく単語を覚えるときよりも、ある程度まで単語を覚えた中級以上の学習者が頭の中を整理するのに使うと、より効果的です。頭の中でバラバラに覚えてあった単語が、語源によって関連づけられて整理できるからです。

 

注意事項としては、あまりに初心者の段階では、使わないほうが無難かもしれない、ということです。このタイプの単語集は、掲載されている単語のレベルがやや高くなる傾向があるからです。

 

それに、初心者のうちは、基本的な単語を覚える段階ですから、語源なしでも楽に覚えられます。

 

もう一つの注意事項としては、語源で覚える方法を過大評価しすぎないこと、が挙げられます。

 

語源で覚える方法を勧めている単語集やサイトでは、「この方法こそ、単語を暗記する究極の秘密兵器だった!」のようなノリで熱烈に推薦しているものもあるようです。

 

実際、この方法は、知らなかった人にとっては目からウロコが落ちるように感じられるせいか、とても人気のある覚え方のようです。

 

“語源を活用すれば単語を無限に覚えられる!”というように思い込んでしまう人も少なくないようです。

 

しかし、ちょっと考えてみれば分かりますが(あるいは、実際に試してみればわかりますが)、この方法は、そこまで効果的ではありません。

 

すべての単語に覚えやすい語源が利用できるわけではないからです。

 

上記の uninteresting にしても、中心となる interest は、語源なしに覚える必要があります。

 

(いちおう、interest を辞書で引くと、語源の説明が載っているものもありますが、意味を覚えるのに役立つとは思えません。興味のある方は、お手持ちの辞書で確認してみてください)

 

また、win のような短い単語は、語源を利用できません。短いので、パーツに分割できないからです。

 

このような単語は数えきれないほどあります。

 

ask, big, cat, dog, など、アルファベット3文字の単語を思い出してみれば、分かることですね。

 

もちろん、上記の単語はすでに暗記ずみでしょうから今さら覚えるまでもありませんが、次のような単語はどうでしょう。

 

bid, bit, bad, bat, bud, but, bag, beg, bog, bug

 

語源では覚えようがないですね。

 

また、語源が、あまり整合性がないこともあります

 

有名な例としては、valueless やworthlessは、「価値のない」という意味ですが、priceless は「計り知れないほど価値のある」という意味です。less がついているからといって不足を意味するとは限らないわけです。

 

valuable は「価値のある」という意味ですが、invaluableは「計り知れないほど価値のある」という意味です。

 

famous は「有名な」ですが、infamous は「悪名高い」です。「無名な」ではありません。

 

flammable は「可燃性の」ですが、inflammable も「可燃性の」です。「不燃性の」ではありません。

 

ability の否定が inabilityだからといって、in がつくものがすべて反対の意味になるとは限らないわけです。

 

結局、最終的には、個別に確認しておく必要があるのですね。

 

単語を覚えるにあたって、語源を活用することは有効です。それはそれとして、万能ではありませんし、限界があることを知っておくことも大事です。

 

 

「書いて覚えたほうが、感覚器官を総動員することになるので効率的に覚えられる」ってホント?

 

覚え方は、人それぞれで好みがありますから、自分が好きなようにやればいいでしょう。書いて覚えるのが好きな人は、それを続けていけば良いと思います。

 

ただし、「書いて覚えたほうが、感覚器官を総動員することになるので効率的に覚えられる」といった一見もっともらしい言葉を信じてしまい、好きでもないのに書いて覚えている人がいたとしたら、書かないで覚えることをおススメします

 

他の条件が同じであれば、書いて覚えるのと、書かないで覚えるのとでは、書くほうが覚えられるかもしれません。しかし、実際は、他の条件が同じになりません。書くほうが、余計に時間がかかるからです。

 

実際、「単語を書いて覚えてようとしているんですが、覚えられないんです」という生徒さんに話をしてもらうと、「すごい時間がかかってしまって、いくら時間があっても足りない」と続くことが多いです。

 

「tradition伝統tradition伝統tradition伝統tradition伝統tradition伝統」と、口で繰り返すのであればすぐに終わりますが、書いていると時間がかかります。

 

そして、口にするほうが、圧倒的に、楽です。

 

書かないほうがよい理由は他にもあります。

 

たとえば、書いて覚えようとすると、机のあるところ、座れるところ、紙のあるところ、鉛筆のあるところ、といったように勉強する場所が制限されてしまいます。目も手も疲れますし、背中が凝ってきます。

 

対して、「tradition伝統」と繰り返して口ずさむだけでしたら、いつでもどこでも学習できますし、目も手も背中も疲れません。ビーチで寝そべりながらでも、桜並木を散歩しながらでも、口ずさむことができます。

 

学習は、いつでもどこでも出来るような方法のほうが、長続きします。

 

書いて覚えようとしている人の中には、「自分は書かないと覚えられない!」と思い込んでいる人も多いようです。

 

でも、それは錯覚です。

 

わたしたちは、多くのことがらを暗記しています。「自分は記憶力が弱い!」と思い込んでいる人でも、ひじょうに多くのことを覚えているはずです。

 

たとえば、誰でも次のようなことは覚えているでしょう。

 

自分の住所
自分の誕生日
両親の名前
友達の名前
学校への道順
会社への道順
好きなミュージシャンの名前
好きな曲の名前
花の名前
動物の名前
車の名前
店の名前
料理の名前
飲み物の名前

 

これらは、書いて覚えたわけではないですよね?

 

つまり、私たちは書かなくても多くのことがらを覚えられるのです。

 

英単語も同じです。書かなくても覚えられます。「書かなくては覚えられない」というのは、単なる思い込みにすぎません

 

もちろん、難しい単語を書けるようになろうとしたら、ある程度、実際に書いて覚える必要があるかもしれません。

 

でも、ほとんどの単語は、見て意味が分かることが一番大事であって、スペルを書けることは二の次です。

 

英文を書く機会があるとするなら、今の時代は、電子メールが多いのではないでしょうか。スマホにせよパソコンにせよ、スペルチェッカーを利用できますし、書いていてスペルがうろ覚えだったら、スペルに自信のある別の単語を使うか、辞書で調べればいいだけです。スペルを正しく書けるレベルで覚えておく必要性は、あまりないのです。

 

日本語でも、読むことは出来るけれど、書けない言葉は山ほどあるでしょう。魑魅魍魎、薔薇、蝙蝠、などは、読めるし意味も分かりますが、私は手書きでは書くことができません。でも、なんの問題もありません。

 

英単語も、まずは見て意味が分かることが最優先です。そして、見て意味が分かるようになるためには、書いて覚える必要はないのです。

 

 

関連ページ

英語教師に必要な語彙力レベルとは?
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英単語の覚え方の基本手順(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く技術1(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く技術3(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く心がけ1(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く心がけ2(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英語ボキャビルの思い込みや誤解を解く心がけ3(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英単語暗記etc.1(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
英単語暗記etc.2(土屋 雅稔 著)
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
多義語との向き合い方1
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。
多義語との向き合い方2
英語教科書外や受験レベルを超えたボキャブラリーを身につけませんか?最低でも1万語レベルを目指しましょう。