教員採用試験面接攻略法

理想の教師像(御井浦 のえ著)

面接のスタートラインに立つ!

 

教員採用試験の対策として一般教養、教職教養、専門教養などのいわゆる「勉強」は必ずしなければならないものです。

 

確かに学校で勉強を教える先生になるのに、「頭がいい」「勉強ができる」「専門知識に長けている」ということは大変素晴らしいことです。

 

しかし、いくら頭がよく、勉強ができて、専門知識を豊富にもっていても、それを「教えること」「伝えること」ができなければ教員の仕事はできません。

 

また、勉強を教えるだけではなく、生徒の日常生活の指導も教員の仕事の大きな要素です。
時に生徒たちの悩み相談や仲違いの仲裁に入ることもあるでしょう。

 

さらには保護者対応もしなければなりません。

 

では、そのような教員の仕事の資質は教員採用試験でどのように試されるのでしょうか。
 
それはずばり、「個人面接」「集団面接」「模擬授業」です。

 

児童・生徒・保護者への対応や教員という仕事に対する姿勢、授業での立ち居振る舞いや授業の構成などを見るものとしては「面接」や「模擬授業」が教員採用試験でかなり重要視されています。

 

その証拠にほぼすべての都道府県、私立学校で「面接」「模擬授業」が実施されます。

 

では、その「面接」や「模擬授業」で重要となってくることは何でしょうか。

 

 

「理想の教師像」を持ってはじめてスタートラインに立てる

 

ただやみくもに専門知識を披露したり、独りよがりな答え・授業を展開したりしても、合格を勝ち取ることはできません。

 

教員採用試験参考書に書いてあるお決まりの答えを暗記して答えるだけでは「あなたらしさ」を試験官に感じてもらうことはできず、やはり採用には至りません。

 

重要なのは、まず第一に面接や模擬授業までに自分自身の「理想の教師像」を作り上げておくことです。

 

ここで問いたいのは、「あなたは『理想の教師像』を持っていますか。」ということです。

 

もちろん、あなたが教員を志望するきっかけとなった憧れの先生をそれに当ててもよいですし、教員になったときの理想像を思い描いても構いません。

 

大事なのはその「理想の教師像」を具体的にし、それを今の自分に落とし込んでいくことです。

 

ちなみに、私の場合は中学校の時の担任の先生が現在も「理想の教師像」です。
その先生をもとにして、私が抱いている「理想の教師像」を具体的に言うと

 

・いつも笑顔
・元気
・ハキハキしている
・面倒見がいい
・いつでも話を聞いてくれる
・親身になってくれる
・面白い
・授業がわかりやすい
・話すことが好き

 

というようなことが挙げられます。

 

実のところ、これは現実の私とは相反する部分が多々あります。
それはそれで構わないのです。

 

「理想の教師像」はあなたが教員になった後も追いかけていく「理想像」です。

 

大事なことはその「理想像」を心の中に堅く持ち、ぶれさせないこと。
そして、常に近づけるようにすることです。

 

もちろん、面接や模擬授業のときはまだその「理想像」には遠く及ばないかもしれません。

 

ではどうするのか。

 

「演じる」のです。
 
私は常々「教師は女優」と思っています。(男性の場合は「俳優」ですね)

 

誰しも自分以外の人間と居るときは多少の仮面を被るものです。
教員になってからも「理想の教師像」を目指して、一定の仮面を被り、いつしかその仮面が自分に同化していくものではないでしょうか。

 

それを考えると、教員になる最初の関門である採用試験では「理想の教師像」という仮面をつけ、演じきる必要があります。

 

つけ始めたばかりの仮面です。

 

容易にはがれるのではないか、という不安に襲われるかもしれません。
特に新卒の教員採用試験の受験生は「理想の教師像」と現在の自分とのギャップが大きく、演じきるのは困難に感じるかもしれません。

 

では、容易にはがれないようにするにはどうしたらいいか。

 

簡単です。

 

仮面がはがれ落ちることがないくらい、体に馴染ませるのです。

 

つまり皆さんがやらなければならないことは、とにかく何度も面接や模擬授業の練習をすることです。

 

一人で部屋に籠もって、練習をするのもいいでしょう。

 

教員志望の仲間と練習したり、現役の教員に見てもらえれば一番よいと思います。
教員志望の仲間とならば、互いの「理想の教師像」を述べあい、その後に練習をすれば、改善点も指摘しやすいでしょう。

 

また現役の教員からはあなたが抱く「理想の教師像」が本当に今の教育現場で必要な教員像と一致しているかも指摘してもらえるはずです。

 

しかし、それが難しいようであれば、友達でも家族でも、実際のところは誰でも構いません。

 

なぜなら、誰しもが今まで「生徒」であった経験があるからです。

 

あなたの面接の受け答えや授業を「生徒目線」でみることは誰でもできるのです。

 

初めは恥ずかしかったり不安だったりするかもしれませんが、まず「理想の教師像」を具体化し、その「理想像」を演じてみてください。

 

何度も何度もいろいろな人に自分の面接や模擬授業での言動を見てもらうことで多くの改善点を見つけることができるとともに、人前で発言することや授業をすることに対する羞恥心も薄れていき、堂々とした態度で試験に臨むことができます。

 

まずはあなたの抱く「理想の教師像」を考えてみましょう。
これが教員採用試験合格へのスタートラインです。

 

この記事の執筆者、御井浦(みいうら)のえのプロフィールはこちらをクリック!

 

関連ページ

人は見た目が…(御井浦 のえ著)
採用試験に受からないと、土俵に立てません。教員採用試験に向けてしっかりと準備しましょう
動く自分を見たことがあるか(御井浦 のえ著)
採用試験に受からないと、土俵に立てません。教員採用試験に向けてしっかりと準備しましょう。
ゆうたろうさん面接練習
英語教師のための、オールイングリッシュでの授業、リーディング、文法、リスニング、スピーキング、ライティング等の効果的な指導法や、自身の英語力に悩む先生のために役立つ情報を掲載しています。
しおりさん面接練習
英語教師のための、オールイングリッシュでの授業、リーディング、文法、リスニング、スピーキング、ライティング等の効果的な指導法や、自身の英語力に悩む先生のために役立つ情報を掲載しています。