教科書の外の英語

教科書の外の英語

検索エンジン

教科書の外の英語記事一覧

海外インター校の実例から~言語能力を決める要素とは1

海外駐在員のお子さんが、現地のインターナショナルスクール(以下インター校と表記)に通うことは、以前から珍しくありません。近くに日本人学校があれば選択肢が増えるのですが、そうでない場合はやむを得ず、といったところでしょう。また、最近では母子留学のようにわざわざ海外に移住して、お子さんを現地のインター校...

≫続きを読む

海外インター校の実例から~言語能力を決める要素とは2

「インター校の実例から~言語能力を決める要素1」の記事はこちらをクリック言語能力は3つの要素のうち、最も低いところに収まる*比較しやすいように、それぞれの学習時間と先天的な能力は「8」で一定にしてあります。さて、言語能力を考える場合「成長段階による言語干渉」「費やした時間」「先天的な頭の良さ」の3つ...

≫続きを読む

newsletterから知る海外インター校の様子

海外インターナショナルスクール(以下インター校)校長先生の保護者宛Newsletterを読みながら、実際の学校の様子を見てみたいと思います。校長先生の英文の形式もそれほど格式張っておらず、かと言ってくだけ過ぎず、電子版のNewsletterとして程よい文体となっているので、非常に参考になります。*場...

≫続きを読む

Good morning.の本当の意味

Good morning.「おはよう」や、Good evening.「こんばんは」のように、Goodを用いた基本の挨拶表現を中学生に教えますが、これらはわざわざ教えなくてもいいくらい、私たち日本人にとってなじみ深い挨拶表現としてすっかり定着しています。でも、直訳すると「良い朝」、「良い夜」であるはず...

≫続きを読む

Have a good one. のススメ

別頁でGood morning.の本当の意味(記事を読むにはこちらをクリック)というテーマで解説をしましたが、本項ではまた別の挨拶表現を取り上げてみたいと思います。ここで扱うのは、誰もが教わるGood morning.などとは逆に、日本の学校の英語教育現場ではほとんど皆無と言っていいほど教えられてい...

≫続きを読む

英検対策を通じて生徒の発話機会を確保する

英検対策を通じて生徒の発話機会を確保する別項(「英検の面接官の役割を通じて指導者の英語力が向上する話」はこちらをクリック)で英検対策を通じた指導者側のメリットを述べてきました。しかし、対策は本来生徒のためのものですから、生徒にとってのメリットについても触れておかなければなりません。一つは、当然のこと...

≫続きを読む

英語の婉曲で伝える「優しい」心理1

英語の婉曲で伝える「優しい」心理誰かと言葉を交わすとき、あなたはどの程度自分の言葉の使い方に配慮していますか?家族、友人、上司、部下、先生、生徒、店員、客・・・様々な人間関係の営みにおいて、より良好な関係を保ったり、誰かを傷つけたり不快な気分にさせたりしないように、同じ意味内容のことを伝えるためでも...

≫続きを読む

英語の婉曲で伝える「優しい」心理2

英語の婉曲で伝える「優しい」心理2前項(英語の婉曲で伝える「優しい」心理1)に引き続き、身近な婉曲表現の例を見ていきましょう。お寿司屋さんは婉曲表現の宝庫お寿司屋さんにある婉曲表現をご紹介します。醤油を「むらさき」、お茶を「あがり」などというふうに呼びますね。これらはもともとお店側が、お客さんに失礼...

≫続きを読む

世界は比喩でできている

世界は比喩でできている言語を勉強していて面白いと思うことの一つに、「比喩」があります。たとえば「彼はライオンのように強い」とか「あいつはスカイツリーのように背が高い」とか、何かにたとえた表現のことです。単語や文法項目の数には限りがあるけれど、人が表現したい状況や気持ちは無限大です。だから、「彼は強い...

≫続きを読む


HOME お問い合わせ