英語教師が「教育困難校」に赴任、その時どうする?

英語教師が「教育困難校」に赴任、その時どうする?

 

様々な理由から、主に学力面で問題を抱えた子どもが集まり、教育活動が成立しない高校である「教育困難校」。「教育困難校」に赴任すると、アルファベットが分からない生徒も珍しくなく、英語の授業は困難となります。

 

公立高校の場合、最初の勤務校でこのような学校に赴任することが多いのですが、最初は向上心に燃える教師でも、授業の困難や絶え間ない生徒指導に心が折れたり、あきらめの境地に至ってしまう姿を見ると、本当に切ないです。

 

しかし、「教育困難校」への赴任は、実は悪いことばかりではありません。
むしろ、そのような環境を逆手にとって、将来の英語教師としてのキャリアを充実させることは可能です。

 

kyushu_hyokohama1

 

 

「教育困難校」で生徒の英語力を向上させることはほとんど不可能である、と認識する


まず、心得ておかなければならないのは、

 

「教育困難校」において生徒の英語力を向上させようとしてはならない

 

ということです。

 

真面目な先生方からは批判を受けそうですが、それでもあえてこのように述べるのは、能力的にほぼ不可能だからです。

 

ほぼ不可能なことを「頑張れば出来る」と考える人が多いのですが、ハッキリ言って、時間と労力の無駄です。そんなことを目標にすると、先生の精神面の負担が大きくなりすぎて、最悪の場合、過労死するケースも考えられるからです。

 

一般の人からは、「英語の歌や映像を取り入れて興味を持たせればいい。」などという無責任な発言が聞かれますが、教育困難校の多くの生徒はほぼ全てのことに無関心であることを理解していません。

 

それでは、日々の授業は何のためにあるのか、という疑問が出ますが、その答えはズバリ、

 

「将来の自分のために、今、きちんとした英語の授業をする」
ということです。

 

あえてオールイングリッシュでの授業に取り組む


「教育困難校」の英語の授業で、オールイングリッシュで授業をしているケースは稀であるかもしれません。ほとんどの英語の先生は

 

「そんなことしたら、生徒は誰も授業を理解できないので、無理です。」
と反論するでしょう。

 

でも、日本語で授業しても、ほとんどの生徒は理解していません。

 

日本語での授業が有利なのは、「何をするのか。」という指示が生徒に伝わりやすい、というだけであって、「授業内容」が伝わりやすいわけではないはずです。

 

とは言うものの、最初は英語での指示に抵抗をしめす生徒がいるのは間違いありません。
それでも毎日、

 

"Have a seat, everyone."
とジェスチャーを交えて言い続ければ、多くの生徒は半ば反射的に「席に着くってことだな。」と理解するはずです(実際に行動するかは別ですが)。

 

そもそも「教育困難校」では、まともに教科書の内容をすすめる時間は、1時間あたりせいぜい15分くらいです。

 

その他は、生徒への注意や指示、作業の手伝いで終わるので、オールイングリッシュでの授業といっても、7割程度は決まり文句で構成されるはずです。

 

たとえば、

 

"Erase the blackboard."
"It's May 15th."(と言いながら、黒板に日付を日本語で書く)
"Let's stay focused on the lesson."
"Do you have a pencil?"

 

このように、決まりきった生徒への指示は英語で出すことは十分可能です。

 

プリントやテストなどは日本語(できるだけ漢字の少ない)で書いておけば、読めないことで起こる不利益は発生しません。

 

また、「教育困難校」の生徒は、たとえ教師が間違った英語を話したとしても、間違いに気づきません(自分は間違いに気づく必要があります)。

 

そんな授業でも馬鹿にされずに付き合ってくれるのですから、オールイングリッシュの訓練をする上で、むしろ感謝した方がいいです。

 

過去の出来事の記憶は未来の充実度で決まる



誰しも過去を振り返るとき、とてつもなく嫌な出来事は一つや二つはあるものです。でも、もしあなたが現在幸せな人生を送っているとしたら、おそらく

 

「あの時の困難があったから、今、こうして幸せな人生が送れているんだ。」
と思うことでしょう。

 

反対に、もしあなたが今、何か大きな不満を抱えて生きているならば、おそらく過去の嫌な出来事を振り返るとき、

 

「あの時あんなことさえ無かったら、今頃もっと幸せになれたのに。」
と思うはずです。

 

つまり、過去の出来事の記憶は、未来(現在)の充実度・幸せ度で、どうにでも解釈が変わるのです。

 

よく成功者が自分のサクセスストーリーを語るとき、過去の失敗談や苦労話をしていますが、ほとんどの場合好意的に受け止めています。

 

この場合、好意的に受け止められるほど人間が出来ているのではなく、現在成功しているから(幸せに感じているから)、「いい経験」として語られているのです。

 

「教育困難校」への赴任は、本当に苦労の多い時間となるでしょうが、将来振り返った時に、

 

「あの時あの学校での経験があったから、今の自分があるんだ。」
と言えれば、何の問題もないのです。

 

そしてそのために大切なのは、

 

「生徒の英語力向上を求めるのではなく、自分の指導技術の向上にフォーカスすることである。」
と認識することです。

 

実は、教育困難校にも英語力が向上する生徒が一定数存在する



自分のために日々の授業のレベルを上げていった場合、結果として一部の生徒の英語力向上に役立つことがあります。実は、相当な教育困難校であっても、不登校など何らかの事情があって、学習が遅れているだけの生徒が一定数存在します。

 

その場合、大多数の生徒に合わせた授業をしようと試みるより、潜在能力の高い生徒の英語力向上につながることがあります。稀なケースではありますが、そのような場合、

 

「英語の先生になって良かったな。」
と思える貴重な体験となることは、間違いありません。

 

「九州は横浜のどこですか?」下巻

 

*この本を読むと、教師の立場から見た教育困難校がよくわかります

関連ページ

英語教師は、あくまでも「英語」の指導者である、と自覚する
英語教師として、どのような意識で仕事をしたらよいのかを紹介。教育困難校での指導や普段生徒達とどのように接するべきか、考えてみたいと思います。
「英語力の高さ」=「合格」や「高得点」ではないと心得る
英語教師として、どのような意識で仕事をしたらよいのかを紹介。教育困難校での指導や普段生徒達とどのように接するべきか、考えてみたいと思います。
英語に関して、分からないことや疑問に思うことを納得いくまで追究する
英語教師として、どのような意識で仕事をしたらよいのかを紹介。教育困難校での指導や普段生徒達とどのように接するべきか、考えてみたいと思います。
「英語教師病」という職業病にあえてかかる
英語教師として、どのような意識で仕事をしたらよいのかを紹介。教育困難校での指導や普段生徒達とどのように接するべきか、考えてみたいと思います。
関係副詞whereの幅広さと、英語の実使用に追いついていない日本の英語教育界
英語教師として、どのような意識で仕事をしたらよいのかを紹介。教育困難校での指導や普段生徒達とどのように接するべきか、考えてみたいと思います。
英語教師は登山ガイド
英語教師として、どのような意識で仕事をしたらよいのかを紹介。教育困難校での指導や普段生徒達とどのように接するべきか、考えてみたいと思います。
英語の授業だけでは英語力は向上させられないという現実を知る
英語の授業の大きな目的を今一度考えます。