英語教師として必要なスキル

英語教師として必要なスキル

英語教師

英語教師として必要なスキル記事一覧

英語教師こそビジネス書を読んでみる

教師がビジネス書を読んでいる姿をあまり見たことがありません。職員室で読書をする暇が無いこともあるでしょうが、雑談のなかで「ビジネス書」の内容が話題になることもありません。ですから、「お金儲けをしているわけじゃないから、ビジネス書は必要無い。」「そんな本を読む暇があったら、英語指導に関する専門書を読む...

≫続きを読む

英語指導者の言葉

指導者にとって言葉は大変重要な意味を持ちます。スポーツ指導者が子供たちをやる気にさせ、そのスポーツを好きになるようなポジティブな気持ちにさせるのも、言葉によるところが少なくありません。ただ大声で叱るだけや人格を否定するような発言をするコーチ(指導者)がふさわしくないのは当然です。これは英語の授業にも...

≫続きを読む

英語教員にとって英検・TOEIC・TOEFLには意味がある1

英語の検定・資格試験には意味がある①あなたは自分の英語力を客観的に測ったことはありますか?英検やTOEIC、TOEFLなどの検定・資格試験における自分の英語力を数字として把握していますか?一度受けたら終わりではなく、何度も繰り返し受験しようという意識と行動力はありますか?英語教師の中には、教壇に立つ...

≫続きを読む

英語教員にとって英検・TOEIC・TOEFLには意味がある2

指導者として少なくとも持っておきたい力としての検定・資格等(前項の記事「英語教員にとって英検・TOEIC・TOEFLには意味がある1」はこちらをクリック)説得力のある指導に足るだけの力として、なおかつ「この先生なら頼れそうだ」と思ってもらうことのできる演出力として、具体的に目指すべき級やスコアはどの...

≫続きを読む

英語授業における「乾いた土」を作っていますか?

新しく英語の文法を教える時の2つの方法とは?英語文法を新しく教える時に、大きく分けて2つの方法があります。ひとつ目は、ターゲットとなる文法事項を含んだインタラクションやスキットなどを通じて、とりあえず生徒に使用させながら身に着けさせる方法です。「帰納的な方法」と言えます。もう一つは、先にターゲットと...

≫続きを読む

英語教師が身につけるべき心理学(一貫性の原理)

英語教師が身につけておくべき、人を動かす心理学学校などの教育現場では、英語教員は主に授業の中で、生徒に指示を出したり、ほめたり、励ましたりしています。語学を習得するには膨大な練習時間が必要なので、生徒達を学校外でも学習させるように動かさなければなりません。その時に心理学の基本を知っておくと、より効果...

≫続きを読む

ポイントカードの成功例に学ぶ英語の授業

英語の授業に「ポイントカード」のテクニックを活用する時々財布に入っているカード類を整理すると、実にいろいろな店からポイントカードを受け取っていることに気がつきます。パン屋さん、文房具屋さん、洋服屋さん等です。財布が膨らんでくると、「今後もポイントを貯めたいと思うカード」と、「捨てても構わないカード」...

≫続きを読む

研究授業(模擬授業)後の講評を授業力アップにつなげるコツ

研究授業(模擬授業)後の講評を授業力アップにつなげよう英語科教諭として採用されると、時々研究授業をする機会があります。準備に時間をかけ、本番が終わると、気を抜く暇もなく授業研究(講評)の時間となります。このとき、指導者や同僚から自分の授業にたいして講評をしていただくことになりますが、そのアドバイスを...

≫続きを読む


HOME お問い合わせ