comeが「来る」ではなく、「行く」がgoではないケースに学ぶ基本動詞の指導

comeが「来る」ではなく、「行く」がgoではないケースに学ぶ基本動詞の指導

基本動詞を本質的に指導する

 

英語の初学者は、ほとんど例外なく基本単語の学習から語彙の増強を図ります。

 

そしてその多くは、go=「行く」、come=「来る」などのように、英単語と日本語訳を対にした、いわゆる一対一の覚え方をします。

 

それが最も手っ取り早く合理的な方法であると考えられるからです。

 

しかし、名詞についてはそれで十分事足りることも多いのですが、動詞については必ずしも一対一の理解では十分とは言えないことがあり、基本動詞であるにもかかわらず理解に苦しむ学習者の方々は少なくありません。

 

ここではgoとcomeを取り上げ、基本動詞の指導について考えてみたいと思います。

 

 

以下は、実際に私が生徒から受けた、ある映画のセリフについての質問です。

 

「親子が家を出ていくシーンで、母親が「行くわよ」と言ったのに対して、子どもがI'm coming!と言っていました。字幕は「今行くよ!」となっていたのですが、どうして「行く」なのにgoではなくcomeが使われているのですか?」

 

goとcomeに関する質問は多く寄せられますが、中でも一般的な日本語としての「行く」と自然な英語使用としてのgoが嚙み合わないことに戸惑う声は意外なほど大きいものです。

 

では、このような疑問を解決するためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

それは、goとcomeの日本語訳ではなく、両者が抱える本質的な概念イメージを理解する(させる)ことです。

 

 

goは「行く」ではない

 

まず、goの本質的概念イメージは「離れる」です。

 

以下の例を、「行く」という日本語ではなく「離れる」という概念イメージに注目して見てください。

 

I went to my friend's house yeaterday.
「昨日友達の家に行きました」

 

これは「自分の家から離れたこと」を意味しています。そしてtoは「到達」ですから、「自分の家から離れて友人の家に到達した」ことを表しています。

 

I'm going!
「行ってくるよ!」

 

これは「(家などから)離れていくこと」を意味しています。つまり「出かけること」を表しています。

 

どちらの例も、日本語訳としては「行く」を当てはめるのが適切ですが、それは「離れる」という概念イメージから導き出した、日本語としての正当性でしかありません。

 

 

では次のような例ではどうでしょう?

 

The apple went bad.
「リンゴが腐ってしまった」

 

これは「リンゴが食べられる正常な状態から離れて悪い状態になったこと」を意味しています。

 

My computer has gone wrong.
「コンピューターがおかしくなってしまった(壊れてしまった)」

 

これもリンゴの例と同様に、コンピューターが正常な状態から離れておかしな状態になったこと」を意味しています。

 

これらの文の場合、「行く」という日本語を当てはめることはできず、goの抱える「離れる」概念イメージの結果として「~になる」が日本語としては正当になります。

 

ちなみにこのgoの使い方は大学入試においても頻出の事項であり、高校生の段階で第二文型(SVC)を作る動詞の語法として指導するものです。

 

中学一年生にいきなりgoは「離れる」イメージだと理解させることは難しいかもしれませんが、高校生になると結局その理解が求められますから、なるべく早い段階で少なくとも「行く」という日本語ばかりにとらわれていてはいけないことは指導しておきたいところではないでしょうか。

 

 

さらにこのgoの本質的理解は、多くの中学三年生を悩ませる次のような文章の理解も可能にします。

 

My father has gone to Paris on business.
「お父さんは仕事でパリに出張中です」

 

なぜこれが「パリに行ったことがある」という現在完了形の経験用法として用いることができないのか?という疑問を、現在完了形を習って間もない中学三年生が抱くことは自然なことです。
(あるいは中学三年生でなくても、いまだに理解できていない中級レベル以上の学習者の方もいらっしゃると思います。)

 

しかしこの疑問に対してきちんと指導できる指導者は多くいるのでしょうか?

 

「have gone to~は「行ってしまった」であり、「行ったことがある」は表さないのだ」のように、指導のようでまるで英語の指導になっていない言葉を聞いたことがないでしょうか?

 

話を戻しますが、goは「離れる」を中心概念に抱えていますから、それはつまり「起点となる場所からいなくなること」も当然意味に含むことになります。

 

したがってMy father has gone to Paris on business.は「父親がいつもいるはずの職場や家庭から離れており、その結果必然的に不在であること」を意味していることになるのです。

 

経験用法の場合、「行ったことがある」という発言の裏側には、「話者はすでに帰宅している、つまり不在ではない」ことが含意されるため、goの「離れる」イメージと合致しません。

 

だからhave gone to~は経験用法として用いられたり、そのように解釈されたりすることがないのです。

 

 

このようにgoの本質的理解は、学習初期の段階、現在完了形を学ぶ段階、第二文型を作る動詞の語法を学ぶ段階と、様々な場面で求められる重要なものです。

 

このことをしっかりと受け止めておいてください。

 

 

comeは「来る」ではない

 

一方のcomeの本質的概念イメージは、goとは逆に「近づく」です。

 

My cousin came to see me last weekend.
「従妹が先週末僕に会いに来た」

 

これは「従妹が僕に近づいたこと」を意味しています。

 

この物理的「近づき」を軸に、次のような抽象的状況を表すこともできます。

 

The new movie came out yesterday.
「その新しい映画は昨日公開された」

 

これは「映画が公開日に近づき、その結果outした(公開された)こと」を意味しています。

 

My dream finally came true.
「ついに夢が叶った」

 

これは「夢が現実に近づき、その結果実現したこと」を意味しています。

 

他にも、新作の映画や新商品の宣伝広告などでComing Soon!「近日公開・発売」という意味で用いられるcomeを見受けることがありますが、これも「公開や発売日に近づいていること」や「あなたの手元に新商品が近づいていること」を意味しています。

 

 

comeが「行く」になるわけ

 

ここで先の、映画のワンシーンに関する質問「今行くよ!」がどうしてI'm coming!と表されるのか?」に戻りますが、もうお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

 

家を出ていこうとする母親に子どもがI’m coming!と行ったのは、子どもが母親に追いつく、つまり母親に「近づくこと」が状況として成立しているからです。

 

しかし、だからと言ってこれを「今来るよ!」という風には日本語としては普通は表さないため、字幕では自然な日本語を優先して「今行くよ!」となっている、というわけです。

 

もしもこのシーンで子どもがI'm going!と言っていたとしたら、彼は「母親のもとではなく、全く別のどこかへ「離れて」行ってしまうこと」を意味してしまいます。

 

その意味ではcomeは、自分ではなく「相手を基準にしてその場所まで近づくこと」を意味するはたらきがあるのです。

 

 

このシーンのようなcomeの使い方ができる他の場面としては、自分がいる部屋のドアがノックされたり、インターホンが聞こえたりした場合などです。

 

このときの応答としては日本語では「はーい、今行きまーす」とか「はいはい、今出ます」のように言いますが、これも結局は訪問者のもとへ「近づく」わけですから、I'm coming.またはI'mを省略して単にComing!と言えば自然です。

 

Are you coming to the party tonight?
「今夜パーティーに行く?」

 

なども日常的にはよく言われます。
意味はもうお分かりですね。

 

 

日本語訳に頼りすぎない理解と指導を

 

英語を考えるとき、日本語を基準にしてはいけません。

 

英語と日本語は別の言語であって、極端な話、英語は日本語の都合など知ったことではないからです。

 

英語を英語として見つめ、受け入れ、日本語的な発想をなるべく持ち込まないように意識することが大切です。

 

ここではgoとcomeを取り上げましたが、他にもtake、have、beなど、一言で片づけることのできない基本動詞は数多く存在します。

 

そういう意味では、基本動詞は決して簡単なものではなく、基本動詞こそ概念の理解や抽象的イメージからの納得が求められる、高度な動詞であると言えます。

 

一見簡単そうなものほど実は難しいことを知り、その難しさをいかに簡単に指導するかということに、私たち指導者の悩むべきポイントと教え甲斐があることを知ってください。

関連ページ

英語の5文型を教えた後、使役動詞や知覚動詞を用いた文章を文型的にどのように教えたらいいのでしょうか
英語の文法について深く知ることは、中学生や高校生に教える時にも役立ちます。受験レベルで満足せずに、一歩深い理解をしたい方のために、記事を書きました。
How do you think? と What do you think?
英語の文法について深く知ることは、中学生や高校生に教える時にも役立ちます。受験レベルで満足せずに、一歩深い理解をしたい方のために、記事を書きました。
英語文法を考えるスタンス
英語の文法について深く知ることは、中学生や高校生に教える時にも役立ちます。受験レベルで満足せずに、一歩深い理解をしたい方のために、記事を書きました。
英語の文法指導は心理の指導
英語の文法について深く知ることは、中学生や高校生に教える時にも役立ちます。受験レベルで満足せずに、一歩深い理解をしたい方のために、記事を書きました。
情報構造から文型を理解する1
英語の文法について深く知ることは、中学生や高校生に教える時にも役立ちます。受験レベルで満足せずに、一歩深い理解をしたい方のために、記事を書きました。
情報構造から文型を理解する2
英語の文法について深く知ることは、中学生や高校生に教える時にも役立ちます。受験レベルで満足せずに、一歩深い理解をしたい方のために、記事を書きました。
英語文法を単純化して教える際のジレンマ
英語の文法について深く知ることは、中学生や高校生に教える時にも役立ちます。受験レベルで満足せずに、一歩深い理解をしたい方のために、記事を書きました。