ネイティブスピーカーと英語文法力1

ネイティブスピーカーと英語文法力1

ネイティブスピーカーの講師はどこまで頼れるか

 

留学に関する記事を別項で書きましたが、それに関連して、日本国内でのプチ留学を可能とする英会話学校についても議論が必要です。

 

もちろん、海外留学に比べると英語環境としてははるかに不十分であり、対等に扱うことには無理があります。

 

しかし、海外に留学するほどの時間も経済力も無いが、どうにかそれに近い環境を手に入れたいと考える方の選択肢としての英会話学校を無視することはできません。

 

 

日本ではかつて流行った「駅前留学」などのキャッチフレーズを掲げた英会話学校が無数に存在しています。

 

気軽にネイティブスピーカーと直接会話ができることに期待を寄せて、英会話学校に通う人々の数は子どもから社会人、さらには退職した高齢者まで、驚くべきものがあります。

 

しかしそうした学校で劇的な成果を上げたという声がまったくと言っていいほど聞こえてこないのも驚くべきことです。

 

その原因は、やはり講師の文法知識や、あるいは英語指導法そのものに関する知識、そして学習者の方々に必要に応じてわかり易く説明することのできる日本語力の欠如によるところが大きいと考えられます。

 

もちろん、すべての講師がそうだとは言いませんし、日本人の優れている(はずの)講師が授業を行っている学校教育の現場でも生徒たちの英語力の向上がうまく図れていないことも事実です。

 

英語習得には相当の時間をかけた個人訓練が必要であり、講師の存在がすべてを決めるわけでもありません。

 

ただここで主張したいのは、英語習得の基盤として文法学習は重要である反面、講師がネイティブスピーカーだからと言ってその文法を指導するための知識や英語教育の方法論が十分に備わっているとは限らないことを、私たちも学習者の方々も重々承知しておくべき、ということです。

 

 

「英語を習うなら講師はネイティブスピーカー!」という思い込み

 

「英語を習うなら講師はネイティブスピーカーが良い」というのが一般的なイメージでしょう。

 

運営する側も、そうしたイメージの有用性に目を付けてネイティブ講師を雇い、宣伝し、「ネイティブの先生に教わればきっと英語が身につく」という心理を煽ることで生徒の獲得に成功している部分が大きくあるはずです。

 

しかしここで逆の立場であったらどうかと想像していただきたいのですが、私たち日本語のネイティブスピーカーは、日本語を学びたい外国の方々に適切に日本語指導をすることができるでしょうか?
しかもそれを、場合によっては相手の言語を用いて説明しなければならないのです。

 

恐らく「難しい」と感じられる方がほとんどだと思います。

 

たとえ私たちが日本語ネイティブスピーカーであったとしても国語の先生方のように国文法を教えることなどふつうはできません。

 

それと同じで、英語のネイティブスピーカーだからと言って、英語を正しく教えられることにはならないのです。

 

 

もちろん英会話学校の講師の多くは、きちんとした教授法や文法の体系的知識を有した専門家であるはずなのですが、ネット講師も含めてこれだけ多くのネイティブ講師が溢れている国内の状況を見ると、悪い言い方をすれば、当たり外れがあることは否めません。

 

実際私も多くの英語ネイティブ講師を知っていますが、どう考えても私の方が英語の文法知識が豊富であり、わかり易く教えることができると感じることが多く、さらに、私の授業実践をネイティブ講師がマネをするなどということすらあるのです。

 

以前に私が担当した某企業でのTOEIC Speaking対策講座では、生徒の方々は事前に何度もネイティブスピーカー講師による指導を受けていたにも関わらず、最終的には私の講座を受けて「やっぱり日本人の講師の方が良い」とコメントされたことさえありました。

 

 

「英語を習うなら講師はネイティブスピーカー!」という発想が、あくまで心理的なイメージによる思い込みであることがよくわかるのです。

 

 

日本人講師とネイティブスピーカー講師の役割を見極める

 

英語ネイティブ講師の知識や指導方法が必ずしも優れているわけではありません。
特に初級レベルの学習者にとっては、日本人講師の日本語解説による学びがはるかに効率的である側面も色濃くあります。

 

したがって、知識や技能の未熟な学習者の方々がその向上を目指してネイティブ講師を謳う英会話学校などに通っても、講師の問題によってそれほど効果が上がらないのは十分に納得のいくことなのです。

 

初級レベルからレッスンを開始した場合、まずはあいさつや自己紹介、旅先でのちょっとした会話英語などを身につける程度を目標にするのであれば問題ないのかもしれませんが、それで英語を身につけたと満足する学習者がどれほどいるでしょうか。

 

英語を学ぶ以上、英語ネイティブスピーカーと対等に意見交換をしたり、仕事に役立つコミュニケーションを図ることができたりするようになることが多くの学習者の方々の目標でしょう。

 

とすれば、各人のレベルと目標に見合った知識と技能と方法論を持った講師の存在が重要であって、それがネイティブスピーカーであるかどうかということはそれほど重要な問題ではないのです。

 

むしろ、英語学や指導法を学び、高い英語技能を有し、理解に易い日本語による解説も取り入れながら指導することのできる日本人講師の方が有益であると私は考えます。

 

ネイティブ講師からは、ネイティブならではの英語感覚や自然な言い回しの助言・添削を受けたり、正しい発音をデモンストレーションしてもらったりするなど、彼らの最も得意とする分野の指導において頼りにすれば良いのです。

 

特に英会話学校では、日本人講師の指導の下で学び練習した英語を試す実践の場としてネイティブ講師を利用するくらいの姿勢で臨むことが理想的なのです。

 

 

英会話学校ではどうしてもネイティブスピーカー講師を前面に押し出した、ネイティブ至上主義的な広告が氾濫しているのが現状です。それは私たちにどうこうできる問題ではないでしょう。

 

ただ、目の前のネイティブ講師がどのような講師で、どのような力があり、彼らから自分は何を学び取ることができるのかということを冷静に判断することは必要であり、そのための材料としてこの記事がお役に立てば幸いに思います。

 

 

私は英会話学校自体を批判するつもりはありませんし、通われている方やこれから通おうかと考えておられる方に「やめておけ」と言うつもりもありません。

 

海外への長期留学が必ずしも英語力の向上を保証しないのと同様、ネイティブスピーカー講師のもとで英語を学ぶこともまた英語力の向上を保証してくれるものではないというリスクを考えておくことが重要だとお伝えしたいのです。

 

そしてこれは、英会話学校に通いたいと安易に望む生徒に対する指導としても持っておきたい考え方だということを、指導者の方々にご理解いただければ幸いです。

 

 

最後に、(英会話学校ではなく)学校の英語教育関係者の方々には、ここまでに述べてきたことを踏まえて、学校現場におけるネイティブ講師の役割を真剣に考え、その扱いを決して誤ってはいけないこと、そして日本人指導者も知識と技能と方法論を兼ね備えさえすればネイティブ講師に頼らずとも英語指導は十分に可能であることを受け止めていただき、そのためには私も含めて自らの力量をますます高める必要があるという認識で、自らの研鑽に励まれてください。

 

 

次項では、ネイティブスピーカーの文法力の獲得についてお話しします。

関連ページ

英語の構文暗記の危険性と対処について
英語の学習方法について、生徒から聞かれることがあります。自信を持って、有益な方法を伝えることが出来るよう、正しい知識を身につけましょう。
英語学習にまつわるエピソードのストックを
英語の学習方法について、生徒から聞かれることがあります。自信を持って、有益な方法を伝えることが出来るよう、正しい知識を身につけましょう。
英単語力にどこまでこだわるか
英語の学習方法について、生徒から聞かれることがあります。自信を持って、有益な方法を伝えることが出来るよう、正しい知識を身につけましょう。
ネイティブスピーカーと英語文法力2
英語の授業をしていると、時々、生徒から想定外の質問を受け、即答出来ないことがあります。ごまかしたりせずに、きちんと調べてから、回答するように心がけましょう。